副業
ホーム > viking > バイキング!がっぽり稼ぐ主婦!懸賞で総額1000万円!

バイキング!がっぽり稼ぐ主婦!懸賞で総額1000万円!

ナレーター:懸賞歴27年で総額1000万円を儲ける堀内恵理子さん。

今まで懸賞でどんなものが当たったのか。

堀内:こちらにあるものも当たりました。

ナレーター:なんと、これ全てが当選品。

有名ブランドのハンドミキサーやドーナツメーカー、2万円相当のノンフライヤーに、およそ4万円はする高級クリーナー。他にも有名シェフがプロデュースしたスプーンやキャラクターグッズ。商品券、QUOカードなどまさに宝の山。しかしこれはほんの一部。

堀内:レストランのお食事券が10回以上で、テーマパークのチケットが10回以上。あと温泉旅行は6回ですかね。あと沖縄旅行いきました。

取材AD:今までで一番高額なものって何ですか?

堀内:えっと、インド旅行なんですけど3泊5日のペアが当たりました。ホテルも最高級でカレーも色んな種類を食べたので、インドを知れた気がしました。

ナレーター:そんな懸賞達人主婦の冷蔵庫には、ある秘密が。

堀内:この中には8割方、懸賞のものが含まれています。

結構このピザは分かりやすいです。この冷凍食品も1万円であたります。

AD:懸賞のものを買われているということですか。

堀内:そうです。懸賞の物を食べて懸賞のもので生きています。

ナレーター:冷蔵庫の中には懸賞に応募するためのものがいっぱい。この後、堀内さんが本当は教えたくない、当選確率UPのマル秘テクニックを伝授しちゃいます!

司会:んー、生活に役立つものが当たっているということですけども。

司会:まさしく懸賞の達人ということで。そんな堀内さんに当たるテクニックを教えていただきます。まずはこちら。

???に置いてある応募チラシは競争率が低いので狙うべし。

司会:いや、これなるほどなですよ。

ゲスト:全然分かんない。

ゲスト:すっごい高いところにおいてある。

(笑)

司会:場所的な問題じゃないよ。取りにくいとかじゃないよ。じゃぁ、まやちゃん。

ゲスト:なんだろー、居酒屋さんとかですかね。みんな酔っ払っているので応募チラシに目がいかないから

司会:なるほどね。さ、薬丸さん、いかがでしょう?

ゲスト:これ普通にコンビニとかじゃないですか。

司会:あっ、普通にコンビニにおいてあるのが意外と。

ゲスト:みんなぱっと出て行くから。

司会:さ、正解を見てみましょう。これです。

司会:高級スーパーにおいてある応募チラシ。

ゲスト:競争率が低いんだ、これ。

司会:そういうことですよ。

ゲスト:なるほど。高級スーパーにいってるから。

司会:ねー。これ堀内さん、これはねらい目と。

堀内:そうですね。高級スーパーはお金持ちのお客様が多いので、そういったものは応募しないので、当たる確立が高いです。

ゲスト:高級スーパーで買い物はするんですか?

堀内:私の高級スーパーは、その辺の100円が120円くらいのものなんですけど、それを貯めて生活を潤します。

司会:応募チラシだけもらいにいくこともある?

堀内:もちろんそうです。それで生きてます。

司会:生活大変なんですよね。そうしないと。

ゲスト:いつ置かれるかとか把握なさっているんですか?

堀内:それはもう逐一ちぇっく。ちょこちょこ、ちょろちょろしてますから。

司会:やっぱり好きやから見にいけるという、

堀内:もちろんです。生活かかってますから。

司会:さ、もう一つ競争率が低い、ねらい目のテクニックがあるそうなんですね。こちらです。

???は応募すべし!

司会:ちょっとざっくりしてますけど、???は応募すべしと。

ゲスト:全然分かんないや。

司会:えー、ね。ちょっとざっくりしてますけど、まやちゃん分かりますか?

ゲスト:車?

司会:車は応募すべし。

ゲスト:なんだよ、それ。

ゲスト:車当たりますよーってあるじゃないですか。あれってなかなか当たらないなぁーって思ってしまうので、逆にそこを狙っていく。

司会:なるほど。分かりました。

司会:これちょっと難しいですかね。正解見てみましょう。こちらです。

手間がかかるものは応募すべし!ということです。

司会:これはどういうことでしょう?

堀内:雑誌の懸賞などは色々あるんですけど、やっぱりこういった、これは決まった商品を買ってレシート貼るタイプなんですけど、結構手間がかかるんですよ。

考えて買って、切手はって、はさみで切ってテープではってというのが結構。。。

ゲスト:それで競争率が下がるという

堀内:はい、そう思います。それで当てているので。

ゲスト:ふーん

ゲスト:ぼかしてますけど、ポイント結構たまってますね。

(笑)

ゲスト:でも、懸賞とかで結構意見とか感想とか書いてくださいというのがあるじゃないですか。あそこは埋めた方が?

堀内:必要ですね。ただ美味しかっただけではなくて、今まで食べたことなかったんだけど、この商品を食べたきっかけでファンになって家族みんなで美味しくいただいてますとか、

ゲスト:それは相手さんが気持ちのよくなる言葉を並べるとか

堀内:それも必要だと思いますね。でも、ほめるばっかりではいけないかなと思いますけど。買うきっかけになったとか、きっかけという感じですね。

ゲスト:なるほど。向こうのちゃんとデータになるものを提供するという。

司会:これはもうすぐにでも今日にでも始めれるものですからね。みなさん、是非やってみてください。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加